星空つづり

星空・天体写真などの記録を綴るブログ

<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.01.25 Thursday

牛窓にて

今季最強寒波といわれた日に少し時間があったので牛窓まで。外気温は-3度だった。

牛窓海水浴場の隣で軽く撮影。

西に傾くオリオン、冬の大三角をワンショット・固定でまず撮影。

周りが明るく、レンズフレアも出るし・・天の川が写り込むほど露出はかけられずちょっとロケーション選びに失敗したな〜

 

Canon EOS6D(SP-4改造) EF16-35 2.8L, 16mm 2.8開放 ISO-3200 15sec,固定撮影

WB=3200K

 

 

こっちは SiriusComp64による比較明合成 総露出50分

 

 


 


2018.01.07 Sunday

木星と火星の大接近と二重星てんびん座αとのランデブー

この日、木星と火星とか見かけ上の大接近をした。最も接近する時刻を狙って撮影。

近くには、二重星としても有名なてんびん座のアルファ星ズベンエルゲブリがいたので同時にフレーミング。

まるで二重星が二個並んでダブルダブルスターのように。

てんびん座のα1、α2の離角は3分51秒なので、木星と火星の接近ぶりも比較してよくわかる。

木星と火星の大接近

 


 


2017.09.01 Friday

海ほたる

先日、突然な仲間内の意気投合で、岡山県牛窓町のとある海岸へ、海ほたるの撮影に出かけた。
潮が落ち着いて打ち寄せる波が少々穏やかになった頃、目をこらしていると海中に海ほたるの光がポワ〜っといくつか見えだした。
とはいえ、数は少なく、少々残念な面持ちで被写体としてはあきらめかけていたとき、同行者が砂浜に埋もれた大量の海ホタルを発見。
私の車にたまたま積んでいた「ちりとり」と「バケツ」で、それらを海に帰してやったのち、一同撮影開始(笑
おそらくなのだが・・この海岸、観光のために砂浜に海ほたるを蒔くことがあり、数日の内に蒔かれたモノが、その場で埋もれていたものなのかと想像する。なんとも複雑だか、ちゃんと海に帰してやることができたご褒美ということで、いいよね(^^;


撮影日時:2017/09/01 0:00-

Canon EOS 6D / ISO-5000 / Exp=3.2sec

Canon EF 16-35mm 2.8L / 絞り開放 / fl=30mm

SiriusComp 64 にて 136枚を比較明合成


2017.06.18 Sunday

ホタルとともに

梅雨に入るも晴れる日が多く、久しぶりに今シーズン最後かもと思いながらホタルの撮影に備前市方面に出かけた。

岡山市近郊では5月末頃には最盛期を迎えるゲンジボタルも、このあたりの山間では2週間ほど遅れて出る。

昼間に現場脇で草刈りをしていたおじさんとも長話をしていて、そんなことや、金ぼたる(ヒメボタル)の出現場所や時期についていろいろと教えてもらった。

知らない出現場所も教えてもらって、またの機会に行ってみようと思う。

 

さて、この日はありきたりなゲンジボタルと天の川からのはじまり。

カメラ三脚や手のひらにまぶりつくほど活発で、少しシーズン遅れのホタル鑑賞にしばらく時間をが経つのも忘れてしまった。
F2.8 ISO-3200,30sec x 5 比較明合成
川面に映る星々とホタルの軌跡がきれいだった。
F2.8 ISO-6400 30sec x 7 比較明合成
場所を移動し、山ではヒメボタルが乱舞。星と一緒に撮れるともっとよかったのだが。


 


2017.04.13 Thursday

今年の桜シーズンにて

今年の桜シーズン、集中してあちこち遊びに出かけました。

 

まずは、岡山市中区操山界隈


 

 

 

別の日だが、落合醍醐桜近くにある岩田畝の古桜にて

 

Eos6D/ISO800/10sec/F2.8/352枚SiriusCompにて比較明合成


2017.03.12 Sunday

雪の残る蒜山・大山

3月初旬、今年は雪がよく降ったようで、蒜山へはまだまだスタッドレスを履いていないと行けない場所も多かった。
OACの仲間3人との同乗で撮影に。
<大山・中蒜山>

<蒜山三座>

F5.0 / 16mm / ISO-800 /6sec x600枚 SiriusComp比較明合成


 


2017.03.06 Monday

月の大きさ

月を見上げて、どれくらいの大きさなのかと思ったことがあります?
望遠鏡などでクレーターなどを観ていても、その大きさについてイメージがなかなか沸きません。
資料では直径何キロとか、もちろん分かりますが、イメージが・・
ということで、スケールあわせして日本列島を重ねて遊んでみました。
月の直径は3474km、日本列島は択捉島から沖縄県の与那国島まで直線でおよそ3300kmです。
月の直径と日本列島の長さはほぼ同じと思ってよいでしょう。
月が大きいと思うか、小さいと思うかはそれぞれだと思いますが、
私は・・意外と月って小さいもんだと思っています。
というか、地球の4分の1の直径を持つ月に対して日本列島が意外と大きいという認識でしょうか。

月の大きさ


 


2017.03.02 Thursday

冬のダイヤモンド

岡山アストロクラブのメンバーさんたちと顔出し程度で山に出かけた。

冬の星座たちが西の空に沈むのがきれいだったのでパシャリ。

冬のダイアモンドです。天体改造機で撮ったので、なんとなくオリオン脇のバーナードループなんかも写ってますかね。

春の空では見えなくなる天の川ともしばらくお別れです。

 

 


2016.05.05 Thursday

夏の星野

岡山アストロクラブの仲間と集まって美作市へ撮影に。
所用があって現地に入ったのは深夜をはるかに過ぎた頃だった。
ちょうどさそりも南中を少し過ぎた頃で、天の川を見るにはよい時間だった。

<さそり座>
Canon EOS6D SEO-SP2 / ISO-1600 / F4.0 / 50mm / 120sec x 4
Leesoft #2
<いて座>
Canon EOS6D SEO-SP2 / ISO-2000 / F4.0 / 50mm / 90sec x 4
Leesoft #2 / 2モザイク
グリーンから黄色へと変化する一筋、みずがめ座η群の流星も飛び込んでくれた。

2016.04.20 Wednesday

火星最接近まであと一か月と少し

5月31日の火星の地球最接近(中接近)まであと一か月と少し。
さそり座のアンタレス、土星と共演中の火星を、自宅からスナップ。
 
なかなか山奥へは撮影に出かけられない状況が続いている。
一度は拡大で火星を撮っておきたいんだが・・

▲top